FC2ブログ

くるまみれ

23歳、文系。メカ知識なし。スピード欲なし。ただひたすらにくるま好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カングージャンボリー潜入



先日、山中湖にて行われたルノー・カングーの一大イベント「カングー・ジャンボリー」に潜入してきました。
富士の裾野に集まった、見渡す限りのカングー。

日本の商用バンでは考えられない華やかなカラーリングと、丸っこい癒し系の顔。
ルノー・ジャポンの売り上げの殆どを占める代表的なモデルですが、速いわけでもレアなわけでもない、ある意味フツーのクルマな筈なのに…ここまでの盛況ぶりには驚きです。


これまたお洒落なメガーヌ・エステートも展示。
会場では地元高校生のブラバンの演奏やフリーマーケット、屋台が出ておりました。

さらに多かったのが犬グッズ。
カングーは以前から「ペットとの移動に優しいクルマ」として評価されていたので、何というか「意識の高そうな」ワンちゃん連れの家族やお店を多く見かけました。

さて、個人的に犬に興味はないのですが(笑)やはり見ていて面白かったのが、ちょっと古い/レアなルノー車たち。



まずはキャトル軍団。
いかにもレーシーなものからお洒落な「旅」っぽいものまで様々でした。
個人的ベストはこれ(下)カラーリングもパーツ選びも完璧!


続いてはこれ、ロータス・ヨーロッパ(左)とルノー16。


このルノー16の内装が、年月を感じさせない驚愕クオリティ。大事に乗ってるんだろうなぁ


それから、やっぱり憧れのアルピーヌ・ルノー。V6ターボ。

シンプルだけど圧倒的迫力のあるリアビュー。歯科医院みたいな形状のシートに角ばった内装。
「911じゃないこと」が理由かわかりませんが(笑)コアなファンの多いレア車です。さりげないステッカーがお洒落。

最後に、ルノーではないですが

名車、プジョー205GTi。
最近新型が復活したみたいなハナシですが、この型のテールの魅力は当代随一。イタリアン実用車、完敗です。


ちなみに今回は「スポーティでもレーシーでもないお洒落系旧車」のモディファイをパンダ弄りの参考にする、という目標を抱いて参加したのですが、非常に参考になりました。
アメ車やドイツ車のチューニングとは異なる言語で行われる「ユルさ」「カジュアル感」「道具らしさ」をスポイルしない色の出し方。

学ばせていただきました!
スポンサーサイト
  1. 2013/05/22(水) 08:07:58|
  2. 日常・徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fenderbender.blog.fc2.com/tb.php/138-866c5da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。