くるまみれ

23歳、文系。メカ知識なし。スピード欲なし。ただひたすらにくるま好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なぜ旧車なのか1

なぜ旧車に乗るのか。

急に問われると、一番困る質問だ。
パソコンの世界では(コレクションでもない限り)初代iMacをiPad代わりに使っている人は
いないし、全自動洗濯機があるのに洗濯板を使う人はいない。大きな桃が流れてくるのを
待つのでもないだろうに。。。。

もっといえば、綿からポリエステル、日時計からG-shock、南部十四年式からシグザウエル。
全部そう。実用品であればあるほど、newer = betterなのだ。

これは、もしも自動車を「実用品」と捉えるなら間違いのない理論。
でも「実用品×趣味の道具」だとしたら? それが今回のお話。

(一番に面白いのは、その『中間』のハナシなのだが、それはまた今度)


最新の自動車については、一般にこんなメリットがある。

・静か
・高性能
・壊れない
・燃費がいい
・誰でも安心して乗れる
・安全(乗員・被衝突者の生存率+事故帽子)
・高いリサイクル率
・愛用の電子機器との親和性

さらに車種ごとにいえば
・ぶつからない
・燃費は驚愕のリッター30km超え
・100km/hまでの加速に2.7秒
・最高時速400km/h
・家庭で充電可
・洗練されてディーゼルっぽくない
・見た目からして無敵

など、本当に様々な車種がある。
世界的な車離れとリーマン何とかで、従来のファンが減ったせいもあるのだろう。

ハッキリ言って、新型車はある意味「無敵」だ。
悔しいがこれは否定出来ない。

特に国産車は、所謂ネガな部分を、まるで飲食店に出るGの如く徹底的に「浄化」して来たので、基本的には日常使用における改善と改善の連続だ。
ジャンレノを悪用し、国を代表する高級車を乳首色に仕立てた大企業も「カイゼン」の連続で現在の規模を手に入れた。
もちろん経営面でのカイゼンはよいのだが、それは時に「乗り味」「車の個性」に関わる部分さえも排除することもある。
まぁ新型車=「ちゃんとしたアシ」と考えれば仕方がないのだが、どこかさみしい気がしてしまう。

************************************************
旧車には、最新の自動車にはない魅力が確かにある。

自分の中で外せないのがこの3つ。
◆レトロな外見
◆メカニカルな操作感覚
◆所有して、ともに暮らしてる感
この3つだ。

◆レトロ感
何を隠そう古臭いものが大好きなので、やっぱりシグザウエルより南部なのです。
どこか懐かしくてほっこりする不思議な雰囲気が、当時の車には溢れていると感じてて・・・

でもこれは、感性の問題なので正直、人に説明してどうこうというものではないと感じている。

が、最近のドイツ車のギラギラした顔つきはどうにも苦手なので、ここはちゃんと書いておきたい。
確かにLEDランプは明るいし、強気なつり目の目線とどっしりしたグリルで、他社製品との差別化を強気に出している。
首都高で追われれば道を開けたくなるが、そこは諸刃の剣。
単純に「そういうクルマに乗っている自分」を想像できないし、正直憧れないのでしょうがない。


むしろ自分が好きなのは。

旧車の角ばった、潔いほどにシンプルなボディ。心もとない安っぽい樹脂バンパー。後から付けたようなフォグランプ。

高速のジャンクションで出会ったら道を譲りたくなるような、そういう雰囲気。

※このボルボ760は90年頃のもの。直線が堪らん。

◆メカニカル感
今の自動車って(もちろん全部じゃないけれど)自分の操作を一旦電気信号に置き換えて、それを
改めてコンピュータが実行しているような、そんな気がする。

エンジンなんてめっちゃ静かで、ボタンひとつでいつの間にか始動してて、信号待ちでいつのまにか止まっていたりする。

で、足裏に力を入れてふかしても、ワンテンポ遅れて加速する。減速も然り。

もっといえば燈火類のスイッチ、変速機(シフトノブでもパドルでも)しっとりソフトな操作感は落ち着いて操作できて、いかにも優しそうな雰囲気たっぷりだが、
乗り手としてはそれじゃ面白く無い。

もっと足裏の感覚にダイレクトに反応して加減速してくれた方が、運転してて「上手く運転しなきゃ」っていう気になる。

そう、今の自動車の操作感覚って「お上品すぎ」なのだ。

※下品ではないが鬼質素なパンダの内装。ハンドルがレーシングカーみたいだが、もともとは実用車。


さて、じゃあ最後の「所有している感」ですが、ここについては重くなりそうなので次回に。

そんな訳で、よったりゆったり、でも乗れば楽しすぎな旧車生活が始まって早2週間。
「不安だったけどやっぱり買ってよかった」今はその連続です。
大事にして行くと同時に、この種のクルマ生活の面白さに共感してくれたら嬉しいです。

余談ながらさっきから「休車」って変換するパソコンにそろそろムカついてきた。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/03(金) 17:55:20|
  2. 日常・徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fenderbender.blog.fc2.com/tb.php/136-4236ff55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。