FC2ブログ

くるまみれ

23歳、文系。メカ知識なし。スピード欲なし。ただひたすらにくるま好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツ王室訪問記【道化編・後編】

ドイツのみならず世界の自動車産業において「コンパクトカーの王者」として君臨しているフォルクスワーゲン・ゴルフ。

その王室に現れた道化:up! は、実は装備充実、低燃費、低価格で、日本のコンパクトカーのライバルとなりえるんじゃないのみたいなのが前回のお話でした。

今回はその試乗記でございます。
まずは内装を拝見。

598687_389794944427442_1408915153_n.jpg

シンプルで使いやすい、無駄がなくて質実剛健、ちょっぴりレトロ。これに尽きる。

今時のマセた快適仕様車みたいに、使うかわからない不思議なスイッチが沢山あるでもなし。
ハンドルにボタンもないし、今時お約束のマルチな液晶画面もない。

あと個人的に、正面の黒いパネル部分が好き。PS3の表面みたいな艶アリの黒で華やかさを演出。

「フィアット500はココも外装色と一緒だったのに」と拗ねていたら、上級グレードのhigh up!は外装色と一緒でした。やっぱそうじゃなきゃね!

座った感じは非常に明るくて視界良好、分厚いボンネットもないので見切りも開放感も良い。

61414_389795014427435_705823600_n.jpg

後部座席は床のチェックのカーペットがお洒落。
俺は別に狭くないけど、俺に狭いクルマなんて多分ポルシェの後部座席ぐらいしかない。

天井高いから圧迫感は感じないのですが、後席座るのならサンルーフは欲しいですかね。
というかカブリオレとか出しても…まぁいいや。

それにしても、ドア内張りが覆われていなくて、内装の縁も赤って新鮮ですね!
寒そう、うるさそうという批判もありますが、俺はむしろ内装に少しでも明るい色があって欲しい派なので、この室内凄く好きですね。

では走行インプレッション!

まず、重量が軽い!
なんと車重900kg、プント様より400kgも軽い!

でも軽すぎてトリッキーな動きをしたり、安っぽい操作感があったりは全然ない。
まさに往年の、ちゃんとしたドイツ車の味…って言いたいところだけれど、あれ、これってもしかして人生初のドイツ車……?
 
乗り心地は格別良くはない、けど、それが返って良い雰囲気。
一昔前の洗練されすぎていない、普通のクルマの乗り心地。路面の凸凹が適度に伝わってきて「路面を転がしてる感」満載で楽しい。

洗練されすぎた高級な乗り味は何の面白さもない、路面のコツコツした振動やザラつきを拾ってなんぼ。
そんな「今風じゃなさ」気に入った!

vwup.jpg


エンジンも然り。
3気筒って言っても全然静かでパワーは必要十分。
高速や、4人乗車の登坂はどうかと思うけど、市街地で適度に回しきって走るのは非常に気持ちいい。運転してる感アリアリで、どこかこう素朴。


鬼門はトランスミッション。
シフトショックが大きい、すなわち自動変速時に一瞬失速し、上半身がガックンと揺すられる。

ギアチェンジ時にアクセルを離せばいいらしいんだけど、この素朴な3気筒エンジンに軽量なボディ、マニュアルで操作したいと思うのは私だけではないはず。

手動変速だと何か、違うんだよなぁー。そんな訳で、乗る際には加速時のスムーズじゃなさに工夫が必要なようです。あくまで運転者の工夫。

うん、そんな感じですかねぇ。
ちなみにドイツ車のマニュアルは絶対に輸入されないのが通例なので諦めモード。


さて、ここでup!のデザインについて。
たぶん見慣れない人が見たら「変な顔」というに違いない。

確かに、変な顔だ(笑)
ちなみに某スナック菓子の袋に描かれているおじさんの髭面に似ているというツイートを見て爆笑したこともある。

で、かくも言っておきながら個人的にはコレ、かなり気に入っている。

何故かといえば正直な話、こんな特徴的なデザインのモデルは、万人受けすることを善とする国産メーカーには到底出来なかったと思うから。 コレに尽きる。

普通に格好いい、無難、目立たない、悪くはないが良くもない。

そんなんじゃなくて、明確に個性を主張する顔立ちである。
ゴルフの王者たる威厳、現行ポロのシャープでクリーンな雰囲気と対比させるとまさに道化。黙っていられるタイプじゃない。
559569_389795761094027_1227864156_n.jpg

実は前編の頭に書いた?ように「道化は他の側近が言えない批判を皮肉交じりに王に言える存在」である。

これは現代のコンパクトカー市場に絡めてて…正直、ユーティリティ戦争に燃費競争、結構ですけど。
どうにもなんかこう、画一化してて、結局どれ買っても一緒。

後悔は絶対にしないけど、そのモデルならではの「色」も見づらい状態。
まぁ成熟した実用品の市場なんてそんなもん、という声は置いといて。


up!は、そこに登場した最強の起爆剤。
カンゼン趣味で乗る一世代前の実用車とはちょっと違い、実用性を日本人基準でクリアした上で、さらに外見にスパイスを持ってきている。

このスパイスは、合わない人には合わない。少なくはないだろう。

でも、この価格でファッショナブルな輸入車に乗れるってのはお買い得だし、その先で国産車に埋没しない個性が備わっている、というのが、ずっと道化とにらめっこしながらの感想。

個人的には白や黒より、赤や青でとことんファション感覚で乗ってしまうのがスパイスに負けない鍵ではないかと思うのです。
コレ乗ってながら「いや~輸入車買ってみたんだけど、ヘンに目立ってないか心配」なんてクヨクヨしてるのが一番格好悪い!
乗るならとことんテンションup!で乗りましょう。

いっそオープンモデル出たら最高なので、当面はそれに期待。


●参考リンク
up!公式サイト
up! 特設サイト



スポンサーサイト
  1. 2012/10/09(火) 23:54:48|
  2. ドライブ・試乗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fenderbender.blog.fc2.com/tb.php/127-b0837cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。