くるまみれ

23歳、文系。メカ知識なし。スピード欲なし。ただひたすらにくるま好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランス車がやたら丈夫な映画?

前回のフランス車が頑張ってる映画【前編】はコチラ。

さて、今回取り上げるのはこの映画です。

Ronin.jpg

RONIN。
1998年のアメリカ映画。

当時の兄が…って今でも兄だけど
「銃とクルマが出まくる、めっちゃ面白い映画がある!!」って持ってきたのを今でも覚えている。

ストーリー的には、なんかこう謎めいた特殊工作員上がりのフリーランスたちが、謎のケースを奪う作戦を決行するというもの。
内容を端折ってるのではなく、確信に迫る部分は最後まで語られない。
ミステリアスな映画です。

で、中盤とラストのカーチェイスが非常に秀逸。
普通のクルマで狭い街なかをスリリングに走り抜ける、結構長めの見せ場があります。

今回は中盤の方にフォーカスすると、舞台はイタリアのニース。

フィアットのCMに出てきそうな狭い街並みを、巨大なセダン…プジョー406、アウディS4、メルセデス・ベンツ450SEL、シトロエンXMが走り抜ける。
狭い街並みで巨大なセダンっていうのが、TAXIやトランスポーターにつながります。

でもこっちは、よりガチな殺し合い、というか追撃。

超人的な運転テクも片輪走行もないけれど、というか有り余るパワーで路肩にフェンダーをぶつけたりしながら、ターゲットを追い詰めていきます。

xm.jpg

デ・ニーロ&ジャンレノの乗るベンツが敵のプジョーを蹴散らしていき、その裏ではスキップ・サダス演じる仲間がアウディA4でシトロエンを追います。

で、今回はこのシトロエンに注目!
上の写真にある、やたら鼻の長いクーペのようなモデル。

前輪より先がスッと伸びていて、直線基調のデザインはまるで宇宙船のよう。
シトロエンの威信をかけた高級車として登場した、豪華でフォーマルで、中身は最新鋭。そんなモデルです。

プジョー405みたいな、いかにもな箱系セダン型とは違う魅力があるハッチバックのデザイン。
流麗な背中はプリウスともインサイトとも違うし、うんやっぱ、ミステリアスな宇宙船。

で、何故こんな、最終的にアウディの餌食になるシトロエンに着目するかといいますと…

変な話このXMが「ちゃんと動いていることに感動したから」
実はこのXM、ちょっとした曲者なのです。


ronin005.jpg


このモデル、開発期間が極端に短かったせいでトラブルが多いと聞きます。

あまりに複雑なシトロエン独自のサスペンション(※)は独自の乗り心地を提供してくれるものの、反面、寿命は短い交換パーツは高いで中古車市場に燦然と輝く孤高の存在になってしまいました。
いえ、クセで中古車と言ってしまいましたが新車当時も手がかかるのは一緒です。

それに加えて電気系統の故障も多く、当時も今も、憧れだけで乗るにはあまりにハードルが高い。そんなモデルなのです。

で、そんなXMのことを想いながら久しぶりにローニン見てみたら

山道の段差を乗り越えてジャンプしてるんですね。ひゃぁああ


今じゃもはや「月一の整備で完璧な状態を保てるマニアックなお金持ちの乗り物」扱いのXM様が
アウディに小突かれながら、砂利道で踊り狂っている様子は今見ると唖然とします。

しかし、そうはいっても当時は最新鋭の高級車。
個人的には悪役っぽいモデルの皆無なフランス勢において、その独特の存在感は「正体の分からない敵」の愛車にはイメージ的に合っていたのではないでしょうか。

そういえばこの映画、ドイツ車に乗る主人公一味(ベンツ・アウディ)がフランス車に乗る敵(プジョー・シトロエン)を追撃するという構図。

主人公がプジョーでベンツを追っていた前回のTAXIとは逆なんですね。

意外と劇中車とその生産国っていうのは意味を持っているので、そこらへんに注目してみても面白いかもしれません。

ronin2.jpg

他にもBMW M5 vs プジョー406など、見せ場は沢山です。
ちなみに某世界最大の動画投稿サイトで”ronin car chase”とか入れると、美味しいシーンだけ出てくる…かも。

カーチェイスは本当に、凄い映像とってます。
これぞ全然ネタ要素のない迫真の追撃シーン。一見の価値有りです。



※鬼門のハイドロニューマチックとは。

当時の高級シトロエン車の代名詞にもなっていたハイドロニューマチック・サスペンション。

これはごく単純に説明すると、4輪のサスペンションをバネではなく、密封されたオイルと空気で支えるメカニズム。
これによって前後輪がゆるやかに連動し、たとえば前輪が何かに乗り上げると、中のパイプを通ってリアのサスにそのオイル圧が伝達され、ボディ後部が持ち上がる。

すなわち特に高速域で、路面の段差やうねりに関わらず常にボディを水平に保てるのです。
それは時に、魔法のじゅうたんと形容されます。

で、それが必ずしも優れているかというとそうではない。
シトロエン独自の技術であるそれは、低速域での挙動が必ずしもそこまで優れないのと、やはり当時はトラブルが多かった。
なにせ同じオイルを回してステアリング操作や変速機まで潤滑させていたので、構造が複雑すぎたんですね。

この独特な乗りアジをコアなシトロエン好きは高く評価しますが、それはあくまで「シトロエンファンだから」という注意書きがつきます。

私のようにこのミステリアスなスタイルに憧れる人が多いものの「ハイドロにはうかつに手を出すな」が欧州中古車ファンの鉄の掟。
もちろんサスだけでなく、電気系統などなど、中古車としてはいろいろ問題を抱えているというのが通説です。

ただしXMよりも幾分信頼性の向上した、一世代後のモデル「エグザンティア」は、デザインは若干大人しいながらバリバリ格好良いです。それに中古車価格が残酷なほどに安い個体も。

もちろんそれなりに手は掛かるでしょうが、本気で乗りたい一台です。
いずれ、シトロエン関連をまとめて取り上げたいですね。

結局あまり映画の話、ちゃんと書けてないし……。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/04(木) 01:22:13|
  2. メディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fenderbender.blog.fc2.com/tb.php/118-2e814fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。