FC2ブログ

くるまみれ

23歳、文系。メカ知識なし。スピード欲なし。ただひたすらにくるま好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『未来のつくりかた』読了【後編】

<前半はコチラ>

前半では、日本のミニバン人気が実は、家庭内でのお父さんの権威の低下によるものだという和田さんの主張に触れました。

で、その結果として起こったのが、日本のメーカーから続々とミニバンが発表され、他に例を見ないミニバン帝国になってしまったことです。

本の中で和田さんは「日本の工業製品(クルマに限らず)は可愛さを売りにするなど、ユーザーに媚びている」と書いています。それは家具にしても家電にしてもそうですが、特に最近のクルマがそうであるように感じます。

女性向けをテーマにした軽自動車だったり、奇をてらったデザインのSUVだったりが日本には多くあります。
しかし和田さんの見方では、それらは一時は流行っても、すぐに廃れるものです。
流行にのって受入れられるようなデザインはあくまで現象であり、すぐに飽きられて長続きしないのです。そして和田さんの意見では、日本にはそういう製品ばかりだと言います。

ではどんな製品がいいかといえば、Apple製品やSONY製品が挙げられていますが、ことドイツ製品が優れていると書いています。すなわち一見すると冷たい印象を受けるものの、シンプルで質実剛健、使うべき機能が最小限盛り込まれているというイメージだそうです。

これを自動車に当てはめると、豪華で高性能ながらどことなく「伝統を背負っている」「簡単に姿を変えない」メルセデス・ベンツやBMW、それにアウディやポルシェの姿が浮かんできます。どれも「かわいい」とは程遠い存在感がありますが、こと安定した走行や安全性、速さを徹底的に磨き上げてきました。

もう一つ、これらのメーカーに共通することがあります。
それは製品ラインナップを絞っている、また増やすにしても体系的に増やしている点です。

たとえばメルセデス・ベンツはコンパクトなAクラス、少し大きめのBクラス、ベーシックなセダンのCクラスと上級のEクラスという風に、クラス間の上下関係が一目で分かる商品構成をしています。
さらにこの並びだと、「Bが売れないから統合してしまおう」とは安易に判断できなくなります。全体で一つの会社を構成する製品として、縦に並んでいるのです。
言うまでもなく、各クラス…セダンやワゴン等…ごとに伝統があり、サイズや特性を変えることはあれど、着実に進化し続けています。

これはBMWの1シリーズ、3シリーズ、5シリーズにも共通しています。

6821849757_aed64e4da4_z.jpg

ところが、これが日本のメーカーの場合だとどうでしょう。
人気が出そうな車種をボディ形状やキャラクターごとに差別化した挙句、際限なく横に広がり、また簡単に統廃合されているように感じます。
もちろんトヨタのクラウンやスバルのレガシィのように「伝統的な」モデルもありますが、どこかごちゃごちゃして、現れては消え、上書きされて…を繰り返しているように見えます。

このあたりに、前半の最後で述べた「新しいものに飛びつく日本」と「伝統を磨き上げるドイツ」という構図が見えるのです。
ついでに付け加えると、日本車は、例えばトヨタ車だと、トヨタのエンブレムがなく車種ごとのエンブレムが着いているクルマが数多くあります。アルファードやクラウン、オーリスなど、全て車種専用のエンブレムを持っています。
しかしそれは、ドイツのメーカーでは考えられないことです。ベンツもBMWもアウディも、必ずメーカーのエンブレムが堂々とついています。
ドイツはあくまで、メーカーの名前で、息の長いモデルを作ろうとしているのです。

2012082014174122.jpg

結論として、ドイツのメーカーは伝統を大事にし、ラインナップを絞って息の長いモデルを生み出そうとします。車名からして序列があり、体系化され、またそれぞれのカテゴリ内で各モデルを磨き上げていきます。

対する日本の自動車メーカーは新ジャンルの投入とラインナップの廃止を繰り返し、常にニーズにあったキャッチーなモデルを生み出そうとします。その結果のミニバンブームやクロスオーバーブームが生まれている反面、ラインナップが煩雑化しているのも事実です。
また、前半に述べたような社会情勢を踏まえた「流行り廃り」が必ず存在します。

常に新しいもので勝負する日本車と伝統を重んじるドイツ車。
もちろんどちらがいいと安易に言える問題ではありませんが、和田さんは「目新しさで売る商品は長生きしない」と書いています。


ちなみに国産車市場では近年、ベーシックなセダンが影を潜め、その人気を海外勢に侵食されつつあります。

今や一大ミニバン国家となった日本は、かつてはステーションワゴン帝国だったり、軽自動車王国だったりしました。もしかしたら、というか既にハイブリッド立国でもあります。
ですがベーシックなセダン車やワゴン車の、こと存在感においてドイツ車には敵わないこともある、そんな記事をかつて読みました。実際、巷には3シリーズのセダンやCクラスのワゴンがあふれています。

日本は往々にして「輸入車は輸入車、日本車とは比べないで!」という風潮があり、あまり考えたことのない「ドイツ車vs日本車」というテーマだったのですが、なかなか面白い切り口を得ることができました。


●参考リンク
<過去記事>ミニバン戦争

アウディ・トップページ



スポンサーサイト
  1. 2012/08/21(火) 00:30:48|
  2. メディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fenderbender.blog.fc2.com/tb.php/105-960e58c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。