くるまみれ

23歳、文系。メカ知識なし。スピード欲なし。ただひたすらにくるま好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サクッと自動車用語【アバルトとチューナー】

思えば洗車レポート以外には、こともあろうに新型アバルトとの比較ぐらいにしか登場していないプント様。

せっかくなのでどんなモデルかさらっと解説&乗り味のレビューをしたいのですが。
そのためにはこの「アバルト」が何かを説明しないといけないんですね。

404120_368476643225939_1040218456_n.jpg

アバルト ABARTHは<以前の試乗記>にも登場したのですが、独立した自動車メーカーではなく「チューナー」です。すなわち既存の車種をベースにして、エンジンや足廻りの強化をしたり、そのパーツの開発や販売をするメーカーです。
この手のチューナーは往々にして親会社のモータースポーツ部門を担っている、もしくはかつて担っていたのが殆どです。有名なチューナーとしてはメルセデス・ベンツのAMG、BMWのM社、ルノーのゴルディーニとアルピーヌ、国内ではトヨタ/TRD、ホンダ/無限レーシング、日産/ニスモ、スバル/STi、マツダ/マツダスピードなどがあります。

もっともこれらはチューナーもしくはチューニングブランドなどと呼ばれますが、その実態は様々で、例えばあくまで走行性能重視のパーツ販売に特化したメーカーもあれば、同社のパーツを装着した状態の「コンプリートカー」を販売する場合もあります。またAMGやMなどは、ベンツ/BMWの上級グレードとして殆ど常に存在しているので、もやは子会社というより「一銘柄」という見方ができます。
また、複数メーカーのモデルを自社チューニングブランドで販売している形態もあります。

cl63_7.jpg

たとえばこれはメルセデス・ベンツのクーペ「CLK」のAMG仕様車、そしてその中でもさらに高性能な「Black Series」の写真なのですが。
低められた車高と大きくボディから張りだしたタイヤから、妙な迫力が伝わってきますよね。

ちなみに中身は(このモデルに限らず)エンジンのパワーアップ&耐久性向上、足廻りの見直し、給排気系の交換、さらには骨格レベルでの軽量化にまで手が及ぶ場合もあります。逆に「見た目重視」で、ロゴ入りの内外装パーツで差別化を図ったものなど、チューナーの色やモデルのコンセプトによって様々なのです。

平たく言ってしまうと、市販車の特別なパワーアップ版です。


で、話を戻してアバルト。
同社の創業は1949年に遡り、エンブレムのサソリは創業者のカルロ・アバルトがさそり座であったことにちなむと言われています。そして同時に「小さいサソリが毒を以って大きな動物を倒すように」高性能の小型車でレースに挑み、大型車を圧倒するという目論見があったとも言われます。

同社は今はなきチシタリア車のチューニングに始まり、フィアットと長年パートナーシップを組んだ後、時折アルファロメオやフェラーリ、ランチア、アウトビアンキなどのレーシングカー制作に協力したりもしています。
ですが、基本はフィアット車がベースです。現行のアバルトはフィアット500と同グランデプントがベースのコンプリートカーです。

昔の同社を知人のご意見では、同社のモデルは本当に「じゃじゃ馬」この言葉に尽きると言われています。もっとも私自身が乗ったこともないし、恐らく今後も乗れる機会はないのでしょうが…

とにかくボディが小さくて軽い。なのに、馬鹿みたいに強力なエンジンを積んでいるので、その走りはドライバーに一瞬の油断も許さないと。
エンジンが強力と言っても、馬力やトルクの数字を見る限り往々にして「そこまででも…」というイメージを抱きます。でも数字に見えない圧倒的な回転数と吹け上がり、そして今の軽自動車の比じゃないほどに小型軽量なボディが、その走りを刺激的なものにしていると言われています。

ちなみに、よく昔のクルマは軽いと言われますが、それは事実です。衝突安全性やら何やらのせいで、基本的にクルマは例外なく「大きく」「重く」「頑丈に」なっています。
たとえば、日本でも人気だった同社のモデル「アウトビアンキA112」の車重は655kg。

744px-Autobianchi_A112_red_vl_TCE.jpg

これとなんとなくデザインと車格が似ているスズキ・アルトラパンの車重は800kg。
この2台の間には、重さだけで単純に150kgもの差があるのです。もちろんA112には、今流行の走行安定性を向上させる電子制御システムなんてないですから、単純に「時代の差」で比較しても、その乗り味がぜんぜん違うことは想像できると思います。とにかく今の軽自動車からは想像もできない、加速と旋回性能を発揮します。

そんな風に、小さいボディに小気味良く回るエンジンで数々の競技に参戦し、現代もその熱いコンプリートモデルを世に送り出しているのがアバルトというわけです。

で。


538348_351225954951008_1050451431_n.jpg

私の愛車もアバルト仕様なのです。
そんな訳で、次回はいよいよ私の愛車の話になります。ご期待ください!


●参考ページ
アバルト公式サイト
<過去記事:アバルト試乗記>


スポンサーサイト
  1. 2012/08/12(日) 17:24:30|
  2. クルマ知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fenderbender.blog.fc2.com/tb.php/100-da1cf942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。