FC2ブログ

くるまみれ

23歳、文系。メカ知識なし。スピード欲なし。ただひたすらにくるま好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復活&ローバーミニ初体験

お久しぶりです。

訳あってしばらくクルマが運転できず、気がつけば3ヶ月半も放置しておたのですね、、、すみません。

さて、久々に運転免(ry復活して初のイベント「変態車MTG」@イケア港北に参加してまいりました。
登場車種は「主に変態車ですながんでもおk」ということで、主なところでは
・シトロエンC6が3台、他C2、BX
・ランチア・デドラ
・BMW Z8
・NSX(マットブラック塗装)
・MINIカントリーマン
・サーブ900turbo
・マーチカブリオレ等など。写真にてご覧くださいませ。

個人的トピックはローバーミニ(ノーマル、MT、他不明)に初めて乗せていただいたこと。
最近、勢力拡大中のNewMINIへの反動かクラシックMINIが気になっていた自分には、そして実用旧車好きを自認する自分には願ってもないチャンス。

感想は以下のとおり
■力が要る!(パンダ比)
ハンドルが小径で水平方向に斜めに寝ているので、低速旋回には力が入ります。大きく上半身でたぐり寄せるように回します。パンダのような軽快感はなく、むしろどっしりとした重機のよう。(悪い意味でなく)

■繊細(パンダ比)
パンダよりも小さいボディサイズだけが原因ではないと思うのですが、ABCペダルの踏みしろが非常に小さく、加減も繊細さが要求されます。慎重に操作しないと、スムーズに進んでくれません。

■野性的(パンダ比)
エンジンを回した瞬間、足元やボディ全体を震わせるパワフルなエンジンの鼓動。
ゴロゴロ動いて、この小さいボディを力強く進ませんと息巻いているかのよう。あんなちっちゃいのにパンダよりパワー有りますからね。でもそれ以上に「イギリス車は男気ムンムン」というメディア的な言説に妙に納得を覚えました。

■低い(パンダ比)
パンダは背の高さだけは現代の水準なので、片やスポーツカー並みのタイトでローなドラポジのミニはさしずめ床にしゃがんで進むよう。スピード感はもちろん、周りの車や人が巨大に見えます。

■総評
パンダ以上に旧車(に期待しがちな要素)の味が濃いのがクラシックMINIの特徴。
パワフルだけど操作は繊細、いや繊細だけど力仕事。もちろんラバーコーンなどのMINI特有のクセもありますが、小さいだけじゃない「頑張って操縦している感」をパンダ以上に頑張って味わいたい方向け。
デザインもアイコニックでいかにもな旧車ですが、逆に見た目だけで乗ろうとしているのなら、ちょっと大変かも。いや、慣れれば幾分マシだとは思うんですけどね、維持も含めて。


いやー、クラシックMINI、もうちょっとじっくり中長距離で乗ってみたいですね。
オーナーは柄じゃない気が致しますが。


C6が3台。並んで、それぞれ高さを変えて撮影


チンクと、今回試乗させていただいたミニです


カントリーマンも参上!
スポンサーサイト
  1. 2013/09/28(土) 23:25:34|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

数字3桁祭り!フィアットフェスタ潜入


日曜日は群馬で開かれた「フィアット・フェスタ」へ。
チューニングショップ主催ということで、はじめに書いておくと、エンスー心剥き出しの光景。なんせジムカーナありで、殆どレーシングカーみたいなのも展示されてる。
前回のパンダリーノのような緩い雰囲気は、ない(笑)


さて、いきなりですがフィアットじゃない珍車に遭遇。なんとミドシップに横3列シートのマトラ・ムレーナ。見た目は普通のクーペなのに唯一無二なレイアウトなのです。


さて、気を取り直してフィアット車。
まずは124スパイダーと126です。

126って軽なんだ。。。バンパーなしのスッキリした顔つきがなんとも凛々しいです。ナンバーと合わせた(?)黄色のホイールもセンス良い。
124スパイダーも優雅で上品で、隙のないカッコ良さですね。ですがこんなスパルタンな個体もまた魅力的だったり


続いて128ラリー(手前)とTZ。

いうまでもなく超レア車ですが、2台ともジムカーナでは煙を巻き上げた攻めの走りを披露しておりました。

ちなみに124スパイダーと128ラリーは、ジムカーナでもかなりの台数が出場しておりました。
あとはx1/9ですね。これは面白い個体がいたので後半でお伝えします。

変わったところでは、非常にレアな131クーペ。でもこの潔い角ばり具合と丸ランプ、惚れますね。はい。


「絶対手に入らないから諦めろ」と言われてしまいました。


さて、数字3桁ばかりでアタマが痛くなってきましたが、トリを飾るのはコレ「141」です!


パンダって本当は141と言うんですね。始めて知りました。ちなみにウインカーに続いてホイール替えましての初出場です。詳細は近々!
次回はジムカーナの様子と競技車を中心にお伝えします!
  1. 2013/06/12(水) 08:26:57|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンダリーノ参戦2



あれから家のPCに触ってないのでフォトアルバムが作れない!
のですが、リーノ当日の様子、続報です。

写真の人々が何をしているかといえば....そう、玉入れ。
「パンダ de 玉入れ」という、キャンバストップを活かした名物企画なのです。

参加地域ごとに色の違う球を投げ、一番多かった地域の方で景品山分けという仕組み。

今回、我が関東軍は敗退。
ちなみにボールを持つとろくなことがない小動物は、ボールを投げるや否や目の前の男性の顔面にブチ当てて、怒られる前に逃げて来ましたとさ(~_~;)

玉入れと並んで人気イベントといえば、フリーマーケット。
フリマの写真は残念ながないのですが
、8店舗ほどが出店しておりました。
(もちろん店舗は、パンダの荷室だったりテントだったりです)

売ってるものも各国のおしゃれ雑貨だったり交換用パーツだったり、衣類だったりと豊富。tipoバックナンバーの束なんてのもありましたね(笑)

そんな中で見つけた今回の成果!

ちょっとキズありながら7000円、ヤフオク価格ながら見て買えたのと、同じパンダ乗りの方からという点で若干の信頼性アップ?
とにかく純正のホイールキャップが好きじゃなかったので、これは良い買い物でした。
そのまま履くか、一手間加えるか考え中です(^^)

ちなみにパンダ純正のホイールキャップもたくさん売られてましたね。早くに要らなくなるから?w

最後に会場で見かけた珍車を2台。




謎のオート三輪。
それから


フィアットの小さい車。車名わかんない、ご存知の方いましたらお教えいただけると有難いですm(._.)m

レポートは以上ですが近々フォトアルバム上げます!

それでは!
  1. 2013/05/30(木) 08:33:02|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パンダリーノ参戦1

昨日は、おそらく日本最大のフィアットパンダ・オーナーズMTGである「パンダリーノ」へ参加して来ました。
会場は浜名湖ということで、朝5時に三鷹を出発して4時間半、ひたすら高速。
うるさいこと以外、いつもながら至極快適でした。
あと、高速で出会ったパンダの中の方に手を降っていただく一面も。互いにリーノ参加と知ってか知らずか、そういうコミュニケーションが生まれるクルマでもあります。

さて、会場到着。
すでに同じ箱型が連なってますが、新旧パンダに加えて車種は様々でした。
が、特徴としては「スポーツカー不在」(笑)
他にはチンクやカングー、アルファなんかもおりましたね。


展示されている個性豊かなパンダ達。
同じものは何一つなく、あと度ノーマルな方も皆無でしたね。
スパルタン仕様ありカフェ仕様あり、見ていて楽しかったです。

そんな中から今回は、特に気になったものだけピックアップします。
近々まとめてアルバムあげるのでお楽しみに!

まずはコレ、必ず出会うバン仕様。
ハッチゲートの代わりに、観音扉付き延長荷室を装着してます。


対して積載量は変わらないのですが(笑)この「ワークス感」がたまらなくカッコ良い!
もう一台!
むしろこの、黒色未塗装の方が普通ですね。

それからパリダカ仕様(?)

フォグランプの猛攻がスパルタン。ボンネット開けた展示も雰囲気出てます。
フォグランプつけたいので参考に…でも、ここまでスパルタンじゃなくていいかなw

あとは、配色がおしゃれ仕様!センス良すぎ。


ランチア仕様!?


パンダ園仕様


それからさらに、謎のアヒルちゃん仕様

こんな感じで、十人十色のパンダ弄りを楽しまれている方同士の、朗らかな交流MTGでした。
次回は写真の続きと、フリマやその他イベントの様子をお伝えします!
  1. 2013/05/27(月) 08:00:09|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

公道のF1、これぞ男気

424583_380394508700819_925683797_n.jpg

今日は晴れ渡る空の下、御殿場で行われたCarGraphic誌の創刊50周年記念イベントへ。

最近はとことんtipoばっかりだったのでご無沙汰しておりましたが、昔はちょくちょく読んでおりました。
今日は純粋に、スーパーカー見てグッズ漁る目的で参戦。

それにしてもCG誌って(ちょっと年上の方々に)すごく人気なのですね。
用意された会場周辺の駐車場が全て埋まり、駅のコインパに停めるハメに。

子連れで来られた方も多く、未来の車好きの育成を心より応援いたします。


さて、今回の目玉はコレだーっ!

295163_380396285367308_175962830_n.jpg

フェラーリF40。

もう説明いらないですよね?
でも最近、クルマ好きじゃない女子に読んでいただけていることが発覚したので、ちょっとばかし解説を。

これはフェラーリ創立40周年を記念して作られたモデル。なのでF40。
ちょうどスーパーカー少年デビューした頃に一世を風靡したモデルなので、未だにスーパーカーといえばこんな感じ、っていうコレ。

フェラーリっていうのは、言わずと知れたF1競技の名門なのですが

「市販車を売り続けるためにF1やってる」のかと思いきや、全くの逆。

「F1で戦い続けるために市販車で儲ける」と、こんな会社。

フェラーリ経営の面白さはまだまだありますが、とにかく速い上に豪華で貴重な市販車はいわば、フェラーリの半分の側面でしかないということ。
残りはホント、勝負の世界。
ちなみにフェラーリオーナー向けのF1マシン走行プログラムなんかもやってます。

で、これ。
実はこのF40、ほとんどその「市販車じゃない側」の理論で作られているといっても間違いじゃない。

すなわち他のフェラーリみたいな快適さも豪華な内装も、なし。
スパルタン一色で、室内はレーシングカーみたいなシートにシンプル極まりない計器類、あとは後ろから響く爆音一色の空間。
他のフェラーリとて扱いにくくて速いのは間違いないけど、これに至っては圧倒的なパワーのエンジンを路面に叩きつける、非常に御しがたい方。

と、もちろん乗ったことはないのですが、こう語られております。


なので、うん。よくまぁ綺麗に、ノーマルのまま残ってましたよ。
実際にお会いするのはたぶん、初めてかな。感動です。

546426_380394252034178_653149256_n.jpg

テールもね、凄いんですよ。

展示場所的に後ろに回り込めず、そのせいで余計に迫力ある写真に。

流行の可変ウィングも電子制御もない。ぶっといタイヤとまんまF1なショルダーライン。
テールランプまわりなんて全面網だし、上もアクリル?で軽量化と放熱を徹底追求。

ゴルゴの背中みたいな圧倒的な何かを感じます。
ちなみに聞いた話ではこのエンジンカウル、全部一体型なのでこれだけで400万円とか。

うーん。どんな人が乗ってるんだろう。

270746_380396192033984_1091135532_n.jpg

さて、完全F40一色になってしまいましたが他の展示車両にもちょこっと触れておきましょう。

この黄色いのは和製最強スーパーカー、レクサスLFA。

お値段3750万円、世界限定500台。
恐らく大半の日本人が出会うことのないであろう、日本最高の技術で生まれたスーパーカー。

現在は、幸運にも購入権を得たユーザーが納車を待っている時期でしょうか。
ここに一台あるってのもすごく貴重。

しかもしかも、何とこのエンジン音を聴かせていただきました。


エンジンサウンドの「調律」には、エンジン本体ともどもYAMAHAが関わっているそうですが。

うん、例えるなら…金切り声みたいな?
すなわち普通のエンジン音が「唸り」ならこれは「叫び」。

というのも悪い音という意味じゃなく、一瞬で極限まで「クォオーン」って高鳴って、一瞬で終息する。
「ドロロロロ」って鳴り続けない、めっちゃ勢い良く吹け上がる、凶暴なエンジン。

それこそまるでF1のイメージ。あとはまぁ知ってる人には、グランツーリスモ3で非現実的なチューニングするとこんな音が出た記憶がある。

市街地で扱うのって…できるのかよ。そんなレベル。
ちょっとの足の加減で回転数が急上昇しそうなのですが、でもマニュアルじゃない多段オートマなので無駄な心配。
とにかく音だけで固まってしまった。


他にもね、デルタS4とか、あとは最近の458スパイダーにアストン・ラピードなんかも展示されていたのですが。

まぁでも、普通に考えてしばらく会えないであろうこの2台にフォーカスさせていただきました。




ちなみにアレから…164が頭から離れない。恋かもしれない。



●参考リンク
F40@wiki
レクサスLFA@wiki


  1. 2012/09/11(火) 00:16:06|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。